寄せ書きヒストリー RAG FAIR 2012年

高校の合唱部同級生、新聞社で働く田口くんと一緒に東北三県を回る「スマイルとうほくプロジェクト」が実現。宮城の宿で加納さんのいびきが低音で笑う。(引地洋輔筆)


ディナーショーでドラクエの演目をやったのだが、これの練習というか、ネタを作るのに本当に時間がかかった。ネタを考える時に入り口だけ考えたら採用になるので、オチを考えるのに四苦八苦。結果、黒板が前後入れ替わるという演出をパントマイムだけで表現するという苦肉の策を選択。(土屋礼央筆)


ドラクエ学園。ゲーム音楽のアカペラアレンジに没頭する。

「街」の音楽が人々の語らいに聴こえてきて、勝手に楽しげな歌詞を付けたが、不採用。(荒井健一筆)


2012.3.9 Yahoo!知恵袋で配信の企画を募るLove Diary


健一さんのソロライブでは曲中に『砲弾(サイン入りピンポン玉)投げ』のパフォーマンスがありますが、2012年に行われたライブのマネージャー日記にて、砲弾にサインを書き込むのに3日かかると暴露されていました。サービス精神、素敵すぎます!


ファンクラブ旅行。 2012年3月18-20日に催されたうち、19-20日のBROAD6日程のモノでした😊 初日夜のライブの後、メンバーさんがテーブルを回ってお客さん1人1人に配ってくれたバラの花。


2012年のFC旅行、A(LD)B(B6)プラン両方参加した人には両プラン参加のメンバー10人と集合写真が撮れる特典付き。ほぼ徹夜でテスト&日記の採点をしていたAプランメンバーは目が死んでたり欠伸したりと寝不足全開で待機していた。しかし撮影時はそんな様子微塵も見せず…流石プロ。


12月のディナーショー、当初はホテルの開催で組まれていたが、

丁度ル・テアトル銀座にキャンセルが出た為、急遽場所をおさえて開催することになった。 (当時のオールナイトニッポンモバイルで話されていたはずです)


12月18日 ディナーショー

ショーの途中で、前方の舞台から客席の中の台に移動。加藤さんが宣伝用の腹巻を持って来なくてはいけなかったのに、前方の舞台に忘れてくる。するとおっくんが猛ダッシュで前方舞台と往復をして、取ってきてくれました。


ディナーショーで実際にやろうとしていたのは映画音楽のステージ。

なんならこのコーナーが一番最初に決定事項になっていたそう。(Smile Days DVDより)。

実際は「ドラクエ学園」と「No music No Life」。是非どこかで。